ご挨拶

ホーム > ご挨拶

  日本経済は、「失われた10年」をようやく脱出し、本来の強さを取り戻しつつありますが、この10年は日本の企業会計、コーポレートファイナンス面における国際社会に対する遅れが一気に表面化した期間でもありました。バブル崩壊後の株価暴落に伴い、不良債権問題、有価証券の含み損など陰に隠れていた問題が噴出し、日本企業はその対処に手をこまねき、日本経済はもはや立ち直れないのではないかという不安感に苛まれていたことは記憶に新しいところです。
  一方、ようやく景気回復が本格化してきたなかにおいても、コーポレートガバナンスに絡んだスキャンダラスな問題、特に株式市場や企業会計に絡む問題が多発しており、決して将来に対しての不安感を払拭した状況とは言えません。
 このように、日本経済が国際社会と比較していまだ未成熟とも言える状況にあるのは、真に専門性をもったプロフェッショナルの不足と、プロフェッショナリズムの欠如にも一因があることは否めません。
  当社は、これらの諸問題を経営者の目線で捉え、真にクライアントの立場に立ち、プロフェッショナルとしてソリューションの提供を行うことを目的として設立されました。 公認会計士をはじめ、プロフェッショナルを中心とした組織体制をとっており、プロジェクトチームの中心メンバーとして企業内部からコンサルティングを行う点で上場審査を行う証券会社や上場企業の監査を行う監査法人とは明確に異なったスタンスをとっております。
  日本経済の発展と、同じプロジェクトメンバーとして働くクライアント様、そしてそのご家族が、心身ともに豊かに過ごせる企業カルチャー作りを目標として、目前の問題解決のために、社員全員一丸となって皆様に最大限の信頼を提供する所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

有限会社FISCO 代表取締役社長 山口 高志